平日腰掛けOLのメモ帳

腰掛けOLが仕事の合間に楽しむブログです。(平日更新)

「不倫と正義」中野信子・三浦瑠麗

おつかれさまです。

読書家ではないけど、本が好きな腰掛けOLです。

最近読んで、面白かった本を紹介。

脳科学者・中野信子氏

国際政治学者・三浦瑠麗氏

不倫をテーマにした対談本

不倫と正義

f:id:koshikakeol:20220504133656j:image

表紙のインパクトありすぎでしょ!

この二人、交わるの???

お二人は、

東大卒で、

年も近く、

才色兼備、

と共通点が多いように見えますが、

メディアを通して見る印象は、真逆ですよね。

ぶっちゃけ、中野信子さんが好きな人は、三浦瑠麗さんが苦手だったりしませんかね。

その逆も然り。

この二人、交わるの???

そう、交わりません。

それが、おもしろいんです!

もちろん、全く共感ぜず、終始バチバチってことではありません。

「わかる〜!」

と、無駄に共感し合う女子トーク的な内容ではないということ。

そもそも、女性同士の対談本って、似た者同士や、仲良しであることが多い、気がしませんか?

そもそも、友達でもない、接点の少ない女性二人が、女子会でもない、シラフで「不倫」について語るって、なんか刺激的!

女性同士の対談本としては、とても新鮮です!

f:id:koshikakeol:20220504133649j:image

夫婦は4階建て構造?

ネタバレしない程度に、一番面白かった部分を一箇所、紹介させてください。

三浦氏が、たまにテレビ番組でお話されている「夫婦は4階建て構造」ってご存知ですか?

「夫婦は4階建て構造」とは…

  • 1階→経済と生活の安全保障
  • 2階→親としての責任
  • 3階→友達としての関係
  • 4階→夫婦の営み

肝心なのは1〜3階まで。

4階部分が無くなっても、夫婦としては成り立つ、みたいなことでしょうか。

これについて、お二人の考え方が違うのですが、そこが一番興味深ったです。

そもそも、この「夫婦は4階建て構造」について、あなたは、

柱で支えられている“木造の家”か。

下から積み上げていく“石造りの家”か。

どちらを想像しました?

ここで、“木造の家”と答える人は、三浦氏の「4階建て構造」は、あまり理解ができないタイプだと思います。

わたしもそうです。

子どもの有無のよっても違うのかな。

詳しい話は、読んでからのお楽しみ!

f:id:koshikakeol:20220504133706j:image

専門用語が多いけど

脳科学者・国際政治学者の目線で「不倫」を語る部分は、専門用語が飛び交いまくりで、わたしの低い読解力では追いつかず…軽く読み飛ばしました。

が、読み飛ばしても、読んだ気になれます。

難しい話についていける人は、とても楽しめる内容だと思います。

個人的に、脳科学者・国際政治学者という異なる職業目線で「不倫」を語っている部分より、ひとりの女性として「不倫」を語っている部分の方が読んでいて、引き込まれました。

おすすめです!

不倫と正義(新潮新書)

新品価格
¥832から
(2022/5/20 11:42時点)

対談本て、このくらい交わらない人同士の方が、面白いですね。

玉川徹と橋下徹の対談本とか、あったら刺激的!

OLの本棚

よかったら、のぞいてみてください。

www.koshikakeol.com

www.koshikakeol.com

www.koshikakeol.com

午後もお仕事、がんばりましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村