平日腰掛けOLのメモ帳

腰掛けOLが仕事の合間に楽しむブログです。(平日更新)

東京都庭園美術館の梅の開花状況

おつかれさまです。

 

梅が咲き始める時期なのに、浜離宮恩賜庭園も小石川後楽園も臨時休業。

 

そして、わたしも臨時休業。

 

緊急事態宣言中も入れる庭園で梅が観たい!

 

ということで、今日は東京都庭園美術館へ。

f:id:koshikakeol:20210216122852j:image

これは、旧朝香宮邸と言われる本館。

外観はほとんど装飾されていませんが、内装はアール・デコ様式。

旧朝香宮邸は、世界中に存在するアール・デコ様式の個人住宅の中でも質が高く、保全状態が良いそうです。

1993年に東京都の有形文化財に、2015年に国の重要文化財に指定されました。

 

今日は、この美術館の敷地内にある庭園の梅の開花状況をお知らせ。
f:id:koshikakeol:20210216122841j:image

↑奥に見えるのは美術館新館。

美術館に入館しなくても、庭園鑑賞が出来ます。

 

【庭園入場料】

一般:200円

大学生(専修・各種専門学校含む):160円

中・高校生・65歳以上:100円

 

美術館の入館料を支払えば庭園鑑賞も出来ます。

※開催されている展覧会によって入館料は異なります。

 

“昭和の名工”とも言われた大阪の平田雅哉が施工した茶室「光華」。
f:id:koshikakeol:20210216122838j:image

梅と茶室、良き眺め。

 

沈丁花の蕾もふくよかに。

f:id:koshikakeol:20210216122845j:plain

“春真っ盛り”より、冬の終わりと春の訪れを感じる“プレ春”が好き。

休業中のわたしは“プレニート”。

 

紅や白が青空に映えてきれい。 


f:id:koshikakeol:20210216122921j:image

f:id:koshikakeol:20210216122924j:image

f:id:koshikakeol:20210216122917j:image

ピンクの枝垂れ梅もあります。

 

梅ごしに観る現代アート。
f:id:koshikakeol:20210216122835j:image

 

全体的に五分咲きくらいかな。
f:id:koshikakeol:20210216122855j:image

まだまだこれから楽しめそうな咲き具合でした!

※写真は全て、本日撮影。

 

美術館に併設されている「レストランデュパルク」の前の沈丁花は、日当たりが良くて開き始めています。
f:id:koshikakeol:20210216122848j:image

 

庭園をお散歩したら、レストランデュパルクで休憩するのもあり。

www.koshikakeol.com

www.koshikakeol.com

 

近くにある八芳園の庭園もおすすめ。

昨年の様子↓

www.koshikakeol.com

河津桜と梅が両方楽しめますよ。

 

2/21(日)の「なりゆき街道旅」(フジテレビ)で、八芳園の庭園が取り上げられるっぽいので、その後は混みそう…。

 

桜の方が注目されがちだけど、梅もいいよね。

 

午後も楽しく、がんばりましょう!