平日腰掛けOLのメモ帳

腰掛けOLが仕事の合間に楽しむブログです。(平日更新)

早咲きの桜と梅を同時に楽しめる!八芳園で春を先取り!

おつかれさまです。

東京・白金台にある八芳園の日本庭園では、早咲きの桜「河津桜」が2月初めに開花したとのこと。

さらに、「令和」の出典、『万葉集』にも歌われる「梅 」も見頃。

いつ行くか、今でしょ。

f:id:koshikakeol:20200211163329j:image

 「どこから見ても美しい」事からその名がつけられた「八芳園」は、東京・白金台にある有名な結婚式場・レストラン。

江戸時代初期には、徳川家康の側臣の一人、大久保彦左衛門の屋敷であったと言われています。


f:id:koshikakeol:20200211163356j:image

f:id:koshikakeol:20200211163400j:image

本館に向かって歩いていくと、木戸門の上には、河津桜ドーンッ!!!

f:id:koshikakeol:20200211163416j:image

2月初めに開花した河津桜が八分咲き。(写真は2月11日撮影)

2月10日時点で八芳園のHPには

例年通り開花した早咲きの桜「河津桜」ですが

開花は例年よりも急速に進んでいます。

先週から河津桜の特別ライトアップも始まりましたが

今週末には見ごろを迎えることとなりそうです。 

とありました。

八芳園の日本庭園は池を中心とした大規模な池泉回遊式庭園。


f:id:koshikakeol:20200211163434j:image

f:id:koshikakeol:20200211163437j:image

この日は晴天。

「白梅」と「紅梅」が青空に映えます。


f:id:koshikakeol:20200211163518j:image

f:id:koshikakeol:20200211163521j:image

奈良時代は、「お花見」と言えば「梅」だったんですよね。
「令和」の出典『万葉集』。

そこに収められているたくさんの歌の中で、"梅"を詠んだ歌の数は、"桜"をテーマにした歌より、圧倒的に多いそうです。

滝もあるので、水の音が心地よい。


f:id:koshikakeol:20200211163556j:image

f:id:koshikakeol:20200211163553j:image

これは、滝口を構成する水落石を重ねて、二重三重と階段状に水が流れ落ちるようにした「重ね落ちの滝」。

この水落石の表面の形状や、立て方により水の落ち方が決まるそうです。

庭師の腕の見せ所、ですね。

庭園内にはお休み処のような茅葺屋根の「あずまや」が4棟あります。

左が「六角亭」と右が「角亭」。


f:id:koshikakeol:20200211163614j:image

f:id:koshikakeol:20200211163619j:image

この他に、「丸亭」と、池の上に造られている「水亭」があります。

「角亭」の開口部から池を眺めると…


f:id:koshikakeol:20200212130746j:image

f:id:koshikakeol:20200212130750j:image

まるで、絵のようです。

また、池側から 「角亭」を眺めても絵になる。

「あずまや」は、庭園内の景色の良いところを眺めるため場所でもあり、逆に庭園の景観物でもあり、眺められる場所でもあるんですね。

休日も「あずまや」で腰を掛ける腰掛けOLであります。

 

日本庭園にも様々な種類があり、石の配置、池の配置に意味があるので、本で少し知識を入れてから見ると楽しめます。

f:id:koshikakeol:20211212173604j:image

普通に「わ〜きれい!」でも良いのだけど、もっときれいに見えると思います。

ワインと同じで、知識で味わいが増すような気がします。


f:id:koshikakeol:20200211163709j:image

f:id:koshikakeol:20200211163727j:image

園内には「河津桜」に加え、「吉野桜」「八重桜」「しだれ桜」など約80本以上の桜があり、これから様々な種類の桜が咲いていく様子が楽しめそうですよ。

f:id:koshikakeol:20200211193525j:image
一足早い春を楽しめる八芳園の日本庭園、超オススメです☆☆☆ 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

今日も一日おつかれさまでした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村