平日腰掛けOLのメモ帳

腰掛けOLが仕事の合間に楽しむブログです。(平日更新)

【この中に亀は何匹いるでしょうか。】「六郷用水跡」~「桜坂」~「多摩川台公園」多摩川線沿いで“本気でハシゴ桜”!

おつかれさまです。

 

会社では腰掛け。

休業日はお出かけ。

 

お花見スポットが多い東京都大田区の多摩川線沿いをプラプラ。

 

自然と歴史を味わえる「六郷用水跡」

橋と歌詞で想像力をかきたてられる「桜坂」

絶景スポットと合わせて楽しめる「多摩川台公園」

 

この三か所のお花見スポットは、多摩川線の「多摩川駅」から「沼部駅」の間にあり、歩いて移動できる距離なので、“本気でハシゴ桜”しちゃいましょう!

 

「六郷用水跡」

 まずは、「六郷用水跡」へ。

f:id:koshikakeol:20210324115420j:plain

六郷用水は、江戸時代初期に徳川家康が作らせた灌漑用水路。

多摩川を水源に、狛江市から世田谷区を経て大田区へと流れていました。

後に殆どが埋め立てられましたが、散策路として一部残されているのがこの場所です。

散策路と並行して流れる小川には、コイや亀などの生き物を見ることが出来ます。

 

下の写真に亀がいるのですが、わかりますか? 

f:id:koshikakeol:20210324115552j:plain

左下にいますよ。

拡大します。 

f:id:koshikakeol:20210324115735j:plain

〇の中に亀がいます。

なんだか、石と同化してややこしくないですか?

 

上から見るとこのようになっているのですが…

f:id:koshikakeol:20210324114916j:image

問題です。

この中に亀は何匹いるでしょうか。

 

正解は... 

じゃん。

f:id:koshikakeol:20210324191027j:image

11匹でした。

3番の亀、まあまあレベル高くないっすか?

まさに、亀レオン!

f:id:koshikakeol:20210324191648j:image

それにしても、うらやましほどの“密”。

 

「六郷用水跡」は、桜の名所としても有名。

f:id:koshikakeol:20210324115834j:image

散策路と並行して流れる小川のせせらぎに癒されます。

やっぱ、トイレの音姫とは違うわ!

リアルせせらぎ最高!

 

↓こちらは、「ジャバラ」(足踏み水車)と呼ばれる揚水用水車の模型。


f:id:koshikakeol:20210324121901j:image

f:id:koshikakeol:20210324121906j:image

人力で回す水車で、これを使って用水路から、田んぼに水を引き入れていたんですね。

 

「六郷用水物語」の看板。

f:id:koshikakeol:20210324115936j:image

せせらぎの音をBGMに、桜と歴史を味わうことが出来る「六郷用水跡」オススメです。

 

「桜坂」

「六郷用水物語」の看板を左折。

福山雅治さんが歌う「桜坂」を歩いて... 


f:id:koshikakeol:20210324115918j:image

f:id:koshikakeol:20210324115915j:image

桜橋へ。
f:id:koshikakeol:20210324120016j:image

橋と桜って、なんでこんなにお似合いなんだろう。

歌が頭でリピートされて止まらない。

有名なので混んでます。


f:id:koshikakeol:20210324120037j:image

f:id:koshikakeol:20210324120041j:image

わたしは混んでる場所が苦手なので早々に引き返します。

 

「多摩川台公園」

「六郷用水路」に戻り「多摩川台公園」に向かいましょう。

f:id:koshikakeol:20210324133727j:plain
多摩川は、アジサイが有名ですが、桜もキレイ!!!
f:id:koshikakeol:20210324133724j:image

もうすぐ満開かな。

こんなにきれいなのに、空いてるのがうれしい。

バタフライガーデンには色とりどりの花がいっぱい!!!
f:id:koshikakeol:20210324133731j:image

そして…

「多摩川台公園」と言えばこの絶景!

f:id:koshikakeol:20210324134210j:image

桜の隙間から、多摩川の流れを眺望できるなんて、贅沢!
f:id:koshikakeol:20210324134213j:image

対岸には、武蔵小杉のビル群(?)が見えます。

マジでナイスビュー!

 

この公園は、川沿いの丘陵地に約700メートルにわたって広がっているのでデカイ!
f:id:koshikakeol:20210324134233j:image

公園内には、古墳、水生植物園、野草園、などもありますよ。

わたしは、迷路みたいな水生植物園がお気に入り。


f:id:koshikakeol:20210324185504j:image

f:id:koshikakeol:20210324185501j:image

※写真は全て昨日(3/24)撮影しました。

多摩川線沿いお花見スポットまとめ

桜って、植えられている場所によって全然違う雰囲気を醸し出しますよね。

「六郷用水跡」は、“癒される桜”。

「桜坂」は、“妖艶な桜”。

「多摩川台公園」は、“迫力がある桜”。

 

桜と「酒」ではなく「違うモノ」で楽しめるのがポイント。

「六郷用水跡」では、桜と「歴史」を。

「桜坂」では、桜と「音楽」を。

「多摩川台公園」では、桜と「絶景」を。

 

この記事では、「六郷用水跡」▶「桜坂」▶「多摩川台公園」の順ですが、「多摩川台公園」▶「六郷用水跡」▶「桜坂」の方が効率良さげ。

  

多摩川線の「多摩川駅」で下車して

「多摩川台公園」で花見

   ▼

「多摩川台公園」から歩いて

「六郷用水跡」で花見

   ▼

「六郷用水跡」歩いて

「桜坂」で花見

   ▼

「桜坂」から歩いて

多摩川線の「沼部駅」へ…

 

というコースがオススメです。

 

デートで「多摩川駅」で待ち合わせして、「桜坂」でフラれて、福山雅治の歌を歌うのも悪くないだろう。

 

「多摩川駅」は、渋谷などの都心からも、神奈川県へのアクセスも良くて便利なので、東京都民・神奈川県民の皆様、週末のお花見にいかが?

 

長々と読んでいただきありがとうございます。

 

今日も一日、おつかれさまでした!