平日腰掛けOLのメモ帳

腰掛けOLが仕事の合間に楽しむブログです。(平日更新)

5つの香りを楽しめる松栄堂の『芳輪 京五彩』ギフトにも◎

おつかれさまです。

 

「新しい働き方」「新しい生活様式」

慣れないこと、受け入れられないこと、いろいろあって本当におつかれさまです。

 

そんな時は「香」に助けてらいましょう!

 

日本古来の「香」は、自律神経系に良い影響を及ぼすとも言われているそうです。

 

オススメなのが

松栄堂『芳輪 京五彩』

f:id:koshikakeol:20200517095219j:image

300年ほど前に創業した歴史ある老舗お香メーカー松栄堂の『芳輪 京五彩』には、「二条」「白川」「元禄」「室町」「天平」、5種類のお香が各4本入っています。

f:id:koshikakeol:20200517095241j:plain
f:id:koshikakeol:20200517095236j:plain

松栄堂の香りを試したい方は、まずコレを買うのがオススメ。

f:id:koshikakeol:20200518090920j:image

二条:白檀の伝統的な香りに華やかさをプラス。

白川:ふわりと広がりすっきりとした白檀の残り香。

元禄:白檀を中心とした香木の豊かな芳香。

室町:落ち着きのある荘厳な香り。

天平:深みのある気品の高い和の香り。

 

松栄堂 芳輪 京五彩

新品価格
¥1,110から
(2020/9/25 11:48時点)


f:id:koshikakeol:20200517095308j:image

 「二条」と「白川」は、上品だけど親しみやすい。

料亭や旅館の入り口で迎え入れてくれるような香り。

 

朝、お香を焚きながら身支度をする。

お香の微かな移り香で衣類も良き香り。

さらに、帰宅しても、部屋にわずかな香りが残っています。

玄関を開けて、目を閉じると、料亭の入り口。

だけど夕飯は、カップラーメンでチャーハン。 

www.koshikakeol.com

 

 「元禄」「室町」「天平」は、幽玄でしみじみとした感じがします。

京都の山深いお寺の中にいるような香り。

 

特に「天平」は背筋が伸びます。

座禅や瞑想をしている人は、合わせて使うのも良いかもしれません。

目を閉じれば、あなたのお部屋は「厳粛なお寺」になります。

 

テレビ会議中に、このお香を炊けば、画面の向こうの薄らハゲた上司が僧侶に見えてくる。

長い話も、無駄な小言も、ありがたきお言葉。

思わず手を合わせてしまいそう。

 

香立ても付いてます。
f:id:koshikakeol:20200517095332j:image

現代では、香りは女性がまとうものというイメージがありますが、平安時代は男性がオリジナルの香りを「移り香」として衣類にまとい、女性を誘惑していたそうです。

 

平安貴族は香りで誘惑♪

上司の口が臭くて困惑♪

さらにマスクを付けずに迷惑♪

 

ラップが出来そうですね。
f:id:koshikakeol:20200517095327j:image

わたしも香水より「移り香」派。

クローゼットを開けっ放しにしてお香を炊き、香りを衣類に移します。

香りが移った衣類を着ると、動くたびにフワッと香ってくれます。

www.koshikakeol.com

 

松栄堂の『芳輪 京五彩』で、お気に入りの香りを見つけるのも良いし、 気分によって違う香りを楽しむのも良いですね。 

f:id:koshikakeol:20200518091049j:image

パッケージは、90mm×140mm×8mmで、コンパクト。

ちょっとしたプレゼントにもオススメです!

松栄堂 芳輪 京五彩

新品価格
¥1,110から
(2020/9/25 11:48時点)

今週もおつかれさまでした。

楽しい週末を!