平日腰掛けOLのメモ帳

腰掛けOLが仕事の合間に楽しむブログです。

往復8200円、マイナス3度を体感できる夏の日帰り旅行プラン【三島】

夏休みの予定がまだ決まってない、そこのあなた!

 

一人でも、友達同士でも、家族でも、OK。

日帰りで楽しむ『水の都・三島』をご紹介します。

東京から新幹線ひかりで42分、こだまで55分。

こんなに近くて、

グルメあり、自然あり、アートありの素敵なところなのですが、

あまり知られていないのか、訪日外国人も少なめです。

 

往復8200円!

JR東海ツアーズの日帰りツアー(ぷらっと旅)で行けば、

8月(お盆期間中も)往復大人8200円ですよ!

ec.jrtours.co.jp

家康公きっぷとは

静岡県のフリー区間内のJR、私鉄、バス路線が乗り放題になる切符。

あると絶対便利!

 

わたしは最近だと今年のGWに行ったのですが、

新幹線(こだま)の自由席でしたが、余裕で乗れて、座ることが出来ました。

 

品川駅・新横浜から乗車する場合、座れないことはあるかもしれません。

彼女連れの男性は不安ですよね…

のちほど、座れるコツもご紹介します!

 

仮に座れなくても、そんなことでふてくされるような女は、

途中の小田原あたりでポイしてしまいましょう!!! 

 

さっそく予約!

ポイント:天気予報をチェックしてから予約

この日帰り三島旅、天気が良くないとダメなんです。

コツは週間天気予報を見ながら予定を決めること。

JR東海ツアーズの日帰りツアーは3日後〜の予約が可能です。

(今日は8/8〜の予約が取れます)

 

直近の予約が可能なので、

週間天気予報をチェックしておけば、

予約しちゃったけど台風来た…なんてこともないから安心!

 

予約完了したとして、

こんなスケジュールでいかがでしょうか?

 

東京駅に集合

10:15に東京駅に集合します。

もう少し余裕を持って集合してモーニングコーヒーしても良いですね。

10:30発の新幹線「こだま」自由席で55分

ポイント:偶数車両に並ぼう!

品川・新横浜からこだま自由席に乗る時は、座席数のおい偶数車両に並ぶと座れる可能性も高くなります。

オススメはは階段から遠い2号車と14号車。

 

 

 

三島駅に到着

11:25三島駅到着。

11:30三島駅を出発し、楽寿園を通って源兵衛川せせらぎ散歩へ。

 

https://www.city.mishima.shizuoka.jp/kimages/kankou/pamphlet/1.pdf

源兵衛川せせらぎ散歩

源兵衛川は世界水遺産に認定されるほど、水がきれいなんです。

夏にはホタルも見られるとか。

水の音と、澄んだ空気で、マイナス3度を体感できます!

①〜⑱まで制覇するのも良いですが、流石に汗ダラダラになりそう…

①〜⑤までででも十分せせらぎは楽しめるし

飛び石なんかもあってちょっと「風雲!たけし城」感も味わえます。

 

女性を誘って行く方は、こう言っておいて下さいね。

「ヒールとか履いてくんじゃねーぞ!」

 

子連れの方は時間に余裕を見てくださいね。

このせせらぎ、子どもはテンション上がること間違いなし!!!

大人も上がりますからね♪

あと、お子様のお着替えも忘れずに。

 

上の「みしまっぷ」をたよりに①〜⑤まで進んで下さい。

おしゃべりしながら約45〜60分。

 

 ⑤の近くにあるのが…

 

「dilettante cafe」ディレッタントカフェ

三島の源兵衛川をせせらぎ散歩して、マイナスイオンをたっぷり浴びて、

お腹が空いたらココでランチをします。(要予約)

ココがメインと言っても過言ではない!

www.dilettantecafe.com

 

vimeo.com

10:30に東京を出る場合、

12:30ごろに予約をとっておけば良いのではないでしょうか?

ポイント:テラス席を予約しておきましょう。

雨が降るとテラス席は使えないので、そういう意味でも天気予報をチェックしてから予約しましょう。

テラス席は体感温度マイナス3度間違いなし!!!

f:id:koshikakeol:20190618194204j:image

せせらぎを目の前に、水の音を聞きながら、おいしいワインと、おいしい食事♪

f:id:koshikakeol:20190805124243j:plain

五感で楽しむレストラン。

f:id:koshikakeol:20190805124220j:plain

東京では味わえないロケーション、本当にオススメです!

f:id:koshikakeol:20190618194213j:image

 dilettante cafeはお茶もできるし、ディナーもあるので、ランチじゃなくても良いかもしれません。

 

もし dilettante cafeの予約が取れなかったらココ↓

tabelog.com

わたしは行ったことないのですが、外から見たら激混みでした。

予約取れるらしいのですが、すごい並んでいましたよ。

これも⑤の近くにあります。

 

さて、ご飯を食べたら、次は・・・

 

三島スカイウォークへ

mishima-skywalk.jp


三島スカイウォーク 施設紹介


三島駅からバス・タクシーで20分。

日本一長い歩行者用専用吊橋。

富士山や駿河湾など、橋の上からは絶景が!

ショップやレストラン、アクティビティが充実しているので1日楽しめます!

 

日が暮れるまでここで遊んで、夜は花火とかいかがでしょうか?

 

8/10・11は花火大会が鑑賞できます!(帰るの遅くなっちゃうぞ!)

f:id:koshikakeol:20190718174547j:plain

 

 「クレマチスの丘」もオススメ

「クレマチスの丘」は美術館や庭園、レストランがある文化複合施設。

 

三島駅の北口から無料のシャトルバスで25分くらいで行けますよ。

 

ここにある美術館はアート好きな人の中でベストセラーとなっている本

「フランス人がときめいた日本の美術館」で紹介されている美術館。

 テレビ番組にもなってますよね。

f:id:koshikakeol:20190805124237j:plain

わたしは個人的に、三島ではこの場所が一番好き。

(なので、スカイウォークは行かず、クレマチスの丘に行きます…)

 

www.clematis-no-oka.co.jp

だけど、「クレマチスの丘」に行くなら、

薔薇や紫陽花、クレマチスが一斉に咲いている5〜6月がいいもしれません。

 

桜の時期は「三嶋大社」、夏と秋は「三島スカイウォーク」かな。

 

↓三島散策はこれが見やすいかなと思います。他の季節も行きたくなりますよ!

www.mishima-kankou.com

 

ポイントまとめ

・天気予報をチェックしてから電車を手配。

・指定席がとれない場合は偶数車両に並ぶ。

・レストランはテラス席を事前に予約。

・午後は「三島スカイウォーク」へ。

 

 水の都・三島、とてもオススメです。

いってらっしゃーい!!!