平日腰掛けOLのメモ帳

腰掛けOLが仕事の合間に楽しむブログです。(平日更新)

キムチはこれしか勝たん!いま泉 『本格熟成ソウルキムチ』(11月22日はキムチの日)

おつかれさまです。

11月22日は「いい夫婦の日」???

独身には、そんなの関係ねえ!

今日は「キムチの日」!

キムチの材料である白菜が旬を迎えるのが11月。

キムチにあると言われている効能は22種類。

そんなことから、韓国キムチ協会がキムチ文化の発展を願って11月22日はキムチの日と、制定したそうです。

ということで、今日は、

わたしのナンバーワンキムチ

を紹介します。

キムチはこれしか勝たん!

いま泉

本格熟成ソウルキムチ

f:id:koshikakeol:20201017122427j:image

本場韓国の家庭と同じ手法で漬け込み、一般的に販売されているキムチの約3倍もの日数をかけて出来上がる本格キムチです!

「いま泉」とは

「いま泉」は、親しみのある商品を、本格的な美味しさで、お手頃な価格で提供する食品メーカー。

商品コンセプトは、

“大衆品の中の高級品”

おすすめポイント

「いま泉」の人気ナンバー1商品『本格熟成ソウルキムチ』のおすすめポイントは、

味の濃さ白菜のデカさ

味が濃い!

「いま泉」のキムチの美味しさの秘密は、本場韓国よりも時間と手間がかかっている下漬け工程にあります!

まずは、白菜を洗浄した後、2日間塩漬けします。

それをいったん洗浄して、調味液に漬けます。

そして、白菜の葉の間に、キムチの具(ヤンニョム)を丁寧に挟み込んで、本漬けして、3~4日熟成させて、出荷直前にカット!

だから、味が濃い!

f:id:koshikakeol:20201017122420j:image

白菜がデカイ!

国内で一般的に販売されているキムチは、細かく刻んだ白菜にキムチ味のタレをからめただけのものが多いけど、「いま泉」のキムチは、白菜を株ごと漬け込んでいます

だから、白菜がデカい!

食感は、超シャキシャキ!

f:id:koshikakeol:20201017122417j:image

ご飯に、つまみに、オイキムチに…

葉の部分は味がしみこんでいて、これをご飯に巻いて食べるのが最高に旨い!

f:id:koshikakeol:20201018122110j:image

葉が大きいから、ご飯をたっぷり巻けちゃう。

シャキシャキッの芯の部分は、おつまみにもなる。

部位によって違う食感と味わいを楽しめますよ。

残りはオイキムっちゃうぜ!

f:id:koshikakeol:20201026173250j:image

「いま泉」のキムチ以外、食べられない!

実店舗が都内にないのが残念。

『本格熟成ソウルキムチ』は通販以外、普通に買えないんですかね。

成城石井で購入できる「いま泉」のキムチ

違う種類ですが、成城石井で購入できる「いま泉」の『本格手作りキムチ』もおすすめ。

f:id:koshikakeol:20201025122907j:image

『本格熟成ソウルキムチ』には勝てませんが、これもおしいしいです。

『本格手作りキムチ』のほうがさっぱりしている気がします。

『本格手作り辛口熟成キムチ』もおいしい。

f:id:koshikakeol:20210314120424j:image

「いま泉」のキムチ、おすすめですよ!

本格手作りキムチ「いま泉」

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

午後もお仕事、がんばりましょう!