平日腰掛けOLのメモ帳

腰掛けOLが仕事の合間に楽しむブログです。(平日更新)

フォトシルクプラスの経過報告|2022年版|経過写真付き|肝斑あり|戻りジミ発生|

おつかれさまです。

今日は、今年受けたフォトシルクプラスの、施術当日〜1ヶ月後の経過報告メモをお届けします。

f:id:koshikakeol:20220117092026j:image

衝撃のトップ画像。

大変失礼いたしました。

これからフォトシルクプラスを受ける人。

肝斑があってフォトシルクプラスの施術を迷っている人。

誰かの参考になれば、うれしいです。

経過写真は、信頼の無修正です。

見応えのある経過を、お楽しみください。

フォトシルクプラスとは

フォトシルクプラスはシミやくすみ、そばかすなどの治療に使用されるイタリアDEKA社の最新美白治療器です。 フォトフェイシャルやフォトRFと同様に、広域の波長をもつ光治療のひとつで、 従来のIPL(フォトフェイシャル)よりも、シミの元となるメラニン粒子の分解作用に優れています。
シミ・くすみ、そばかす、色素沈着などお肌の悩み全般を改善し、 その他にもニキビやニキビ跡、赤ら顔や毛穴の開き、産毛などにも効果的です。また、火傷のリスクが少なく安心して治療を受けられます。治療直後からメイクが可能なので、忙しい方にもおすすめの美白・美肌ケアです。

出典:品川スキンクリニック

わたしの肌状態

わたしの肌は、肝斑とシミが混在しています。

施術を受ける理由

シミを消すためです。

顔中に、シミと肝斑が混在しているので、せめてシミだけでも消したいと思いました。

肝斑にフォトシルクの是非

一般的に、肝斑がある肌に対して、フォトシルクプラス(光治療)の施術はNGです。

わたしは施術を受けた品川スキンクリニックも、シミ・そばかすには「フォトシルクプラス」などの光治療が有効、肝斑には「レーザートーニング」が有効、としています。

ただ、この“肝斑にフォトシルク問題”は、クリニックによって見解が違うようです。

クリニックによって違う見解

・clinicG

フォトシルクプラスは肝斑が薄くなる。

 

・clinicO

フォトシルクプラスは一部の肝斑を薄くすることもあり、また、適切に照射すれば濃くなるリスクが少ないのが特徴です。

 

・clinicC

肝斑にフォトシルクプラスを行うと焦げて悪化してしまいます。

 

・clinicH

あきらめていたシミ治療や肝斑治療にも高い治療効果を発揮しています。

 

・clinicC

フォトシルクプラスなどフォト系の出力の低い治療器機で治療をしても、長期的な治療回数が必要になり、コストもかかります

 

どっちやねん!

わたしのクリニックの場合

わたしのクリニックでも、肝斑には「レーザートーニング」が有効、としており、肝斑がある肌へのフォトシルクプラスは積極的ではありません。

医師のカウンセリングを受けて、肝斑に有効なピコトーニングの施術を受けていました。

わたしの肝斑治療の歴史

2021年7月:ピコトーニングディープ(1回目)

2021年8月:「トランシーノⅡ」8週間プログラム

2021年9月:「トランシーノⅡ」8週間プログラム

2021年11月:ピコトーニングディープ(2回目)

2021年12月:ピコトーニングディープ(3回目)

ピコトーニングディープの効果

わたしが受けていた肝斑に有効とされる「ピコトーニングディープ」は、

高い!

痛い!

効果が見えづらい!

もう、肝斑なんてあってもいいわ!

となり、断念。

5回は受けないと効果が見えないとのことですが、もう限界でした。

「ピコトーニングディープ」の施術についての詳細は、記事最後にまとめてある関連リンクをご確認ください。

せめて、シミだけでも消したい!

せめて、シミだけでも消したい!

シミには、フォトシルクプラスが有効!

ということで、医師とのカウンセリングの上、施術を受けることに。

医師からは、「濃くなったら中止してください」とのことでした。

昨年も肝斑がある状態でフォトスルクプラスの施術を受けたのですが、1年間自分の肌を観察してきて、濃くなってはいないと判断しました。

施術直後は、濃くなったように感じたのですが、それは、まわりの肌トーンが上がったことによる目の錯覚だったのかもしれません。

また、どこかのクリニックの女性医師のブロブに

悪化に関しては必ず放置しておけば元の濃さにはもどります。

引き際も肝心。

ある程度のところで見極めつけてしまえば、一時的に悪化したとしても元通りにはなると思う。

と記載されていたので、とりあえず、1回くらいいいか、という気持ちで施術を受けましたが、必ず、医師のカウンセリングを受けてください。

経過写真

施術前~施術4週間後の経過写真です。

撮影環境は、自然光。

毎朝、同じ時間・同じ場所で撮影しました。

(5日目だけ、曇り空で、暗く写っております。)

施術前〜施術10日後


f:id:koshikakeol:20220115114059j:image

f:id:koshikakeol:20220115114057j:image

↑施術前の肌。

↓施術後の肌。


f:id:koshikakeol:20220116180506j:image

f:id:koshikakeol:20220116180508j:image

後述しますが、パワー(出力)の問題で、かなり反応しました。

あまりのヒリヒリ感に、施術後、アイスコットンでお冷やししていただきました。

(基本、お冷やしはありません)

この後、メイク可能ですが、ここまで反応すると、メイクもメイク落としもしたくない!

わたしのように、肝斑以外に、シミが多い人、シミが濃い人は、このように反応することもあるので、夕方〜夜に施術を受けて、日焼け止めも塗らず、すっぴんで帰宅することを、オススメします。


f:id:koshikakeol:20220117083301j:image

f:id:koshikakeol:20220117083304j:image

翌日、反応した部分が濃くなっています。

シミが無かった部分も反応して、エラのあたりに隠れていたシミ予備軍が、浮き出てきました。


f:id:koshikakeol:20220118081102j:image

f:id:koshikakeol:20220118081105j:image

赤みとヒリヒリ感は、完全に消えました。


f:id:koshikakeol:20220119082607j:image

f:id:koshikakeol:20220119082605j:image

カサブタが、ちょっと痒いです。


f:id:koshikakeol:20220120081954j:image

f:id:koshikakeol:20220120081957j:image

4日目くらいから、カサブタが取れ始めました。


f:id:koshikakeol:20220121081517j:image

f:id:koshikakeol:20220121081519j:image

肌の代謝が良い人は、もう少し早くカサブタが取れると思います。


f:id:koshikakeol:20220122084527j:image

f:id:koshikakeol:20220122084525j:image

だいぶ、カサブタがとれてきました。


f:id:koshikakeol:20220123083244j:image

f:id:koshikakeol:20220123083241j:image

カサブタが取れて、ピンク色になっているのが、わかりますか?


f:id:koshikakeol:20220124081426j:image

f:id:koshikakeol:20220124081423j:image

肌の調子がすごく良いです。

シミがなくても照射することで、美肌になれそうです。


f:id:koshikakeol:20220125082925j:image

f:id:koshikakeol:20220125082920j:image

あまり変化がありませんが、肌に艶が出てうれしい


f:id:koshikakeol:20220127082805j:image

f:id:koshikakeol:20220127082807j:image

完全に消えてはないけど、かなり薄くなって、肌が綺麗になりました。

施術3〜4週間後

しかし!ここで、なななんと、「戻りジミ」が発生!!!


f:id:koshikakeol:20220206083046j:image

f:id:koshikakeol:20220206083023j:image

左側をご覧ください。

一度消えたシミが、濃くなっているではありませんか!

2週間後くらいからモヤモヤ出始めて、3週間後にはハッキリとその姿を現しました。

「戻りジミ」とは?

しみにレーザー照射後、一度取れたシミが再び出て来る現象。

レーザー照射後、カサブタが出来て、7〜10日ではがれた後、ピンク色の新しい皮膚が出てきます。

そこに、一時的な色素沈着がおこり、「戻りジミ」となりますが、ピークはレーザー照射1ヶ月後で、徐々に薄くなり、数か月で消えていくそうです。

施術前、赤丸に注目!

f:id:koshikakeol:20220115202919j:plain
f:id:koshikakeol:20220115202916j:plain

十日目はきれいだったのに…


f:id:koshikakeol:20220127082805j:image

f:id:koshikakeol:20220127082807j:image

4週間後には…


f:id:koshikakeol:20220211084620j:image

f:id:koshikakeol:20220211084617j:image

特に左側!

この濃さがピークだと信じたい!

「戻りジミ」が発生した右側の拡大版の経過写真をご覧ください。

左側拡大

f:id:koshikakeol:20220115114059j:image

f:id:koshikakeol:20220127083255j:image

f:id:koshikakeol:20220211084620j:image

施術前より、大きく濃くなるなんて!!

なんてこった!

ということで、

この「戻りジミ」に関しては、経過観察をして、改めて記事にまとめたいと思います。

お楽しみに☆

比較写真

施術前と施術10日後

施術前(上)と施術10日後(下)


f:id:koshikakeol:20220115114059j:image

f:id:koshikakeol:20220115114057j:image

f:id:koshikakeol:20220127082805j:image

f:id:koshikakeol:20220127082807j:image

肝斑が薄くなって、肌の状態も良くなりました。

毛穴も少し小さくなった気がします。

半年前と施術10日後

2021年7月(上)と施術10日後(下)


f:id:koshikakeol:20210705081954j:image

f:id:koshikakeol:20210705081958j:image

f:id:koshikakeol:20220127082805j:image

f:id:koshikakeol:20220127082807j:image

この半年間に、ピコトーニングディープ(3回)と、トランシーノⅡ(8週間)と、フォトシルクプラス(1回)の施術で、このくらい薄くなりました。

まあまあ、お金と時間、かっかってます…。

心の傷を消すよりも、肝斑を消すほうが、大変!

だから、恋は積極的に、日焼けは慎重に!

施術前と施術4週間後


f:id:koshikakeol:20220115114059j:image

f:id:koshikakeol:20220115114057j:image

f:id:koshikakeol:20220211084620j:image

f:id:koshikakeol:20220211084617j:image

本末転倒!

おまけ

今回、エラのあたりがすごく反応しました。

マスクからはみ出ている部分なので、無意識に紫外線を浴びていたのか、シミ予備軍が浮き出てきました。


f:id:koshikakeol:20220123084339j:image

f:id:koshikakeol:20220123084342j:image

エラにあるのは、肝斑ではなく、シミです。

参考までに、エラのあたりだけの経過写真をどうぞ。


f:id:koshikakeol:20220123085536j:image

f:id:koshikakeol:20220123085538j:image

肌の代謝が悪いのか、1週間経過しても、カサブタが取れません…


f:id:koshikakeol:20220124081444j:image

f:id:koshikakeol:20220124081447j:image

八日目あたりから、やっと、取れてきました。


f:id:koshikakeol:20220125083015j:image

f:id:koshikakeol:20220125083012j:image

エラのあたりだけ、けっこう痒かったです。


f:id:koshikakeol:20220127083016j:image

f:id:koshikakeol:20220127083019j:image

十日目で、ようやくきれいに。

内服薬について

トラネキサム酸の必要性

f:id:koshikakeol:20220116212343j:image

トラネキサム酸には、シミの原因になるメラニン色素の生成を抑える作用、炎症を抑える作用があり、これにより美白効果が期待できる人工的に生成されたアミノ酸の一種。

フォトシルク照射後、肝斑が悪化した場合、最小限に抑えられるように、トラネキサム酸をいただいておきました。

あまり、無駄にサプリや薬を服用するのは肝臓の負担になりそうで嫌なのですが、レーザーなど照射した後は、服用したほうが良いかもしれません。

品川スキンクリニックで、90錠(一ヶ月分)¥3,170(税込)でした。

1日750㎎(250㎎×3回)なので、トラネキサム酸の量は、「トランシーノⅡ」のと変わりません。

一日あたりの値段も大きな差はありません。

「トランシーノⅡ」は一日2回の服用で良いし、L-システイン、ビタミンCなど配合されているので、購入するなら「トランシーノⅡ」の方が良いかもしれません。

「トランシーノⅡ」の効果

昨年「トランシーノⅡ」を2ヶ月服用したときは、かなり薄くなりました。

「トランシーノⅡ」服用前

f:id:koshikakeol:20210801204356j:plain

「トランシーノⅡ」服用後

f:id:koshikakeol:20210927102955j:plain

肝斑が、薄くなりました。

毛穴も小さくなりました。

「トランシーノⅡ」には、L-システイン、ビタミンCなど配合されているので、肌が全体的にきれいになった実感はあります。

費用について

わたしが施術を受けた品川スキンクリニックの料金です。

1回 18,680円(税込)

会員になれば、1回 13,710円(税込)

4回セットのコースだと48,600円(税込)

1回あたり 12,150円(税込)

シミだけでなく、美肌効果のある治療なので、肝斑が無い方、お金に余裕がある方は、4回セットコースがオススメです。

試しに受けてみたい方は、まず、初回料金で。

顔全体 初回8,640円(税込)

頬だけ 初回7,990円(税込)

施術について

メイク落とし→医師によるカウンセリング→看護師による施術。

まず、鏡で気になる箇所を確認、ジェルを塗って施術に入ります。

施術時間は10〜15分程度。

基本、施術後にお冷やしはありませんが、今回のわたしのように、反応が強く出た場合は、アイスコットンで処置してくださいます。

施術の間隔は、3週間空けます。

肝斑が無い頃に、3〜4週間間隔で、続けて3回施術したことがあるのですが、肌がすごくきれいになりました!

フォトシルクプラスは、毛穴が目立たなくなったり、肌に透明感が出たりするので、シミがなくても受ける価値はあると思います

痛みについて

輪ゴムでパチンパチンという表現をされる方が多いのですが、間違ってはいないと思います。

ただ、わたしくらい、シミが濃くて多いと、軽く炙った輪ゴムでバチンバチンという表現になります。

痛みの感じ方には、個人差がありますが、かなりビビリなわたしは、照射のたびにビクンビクン!

看護師さんも、半笑い。

両手は常に、お祈りのポーズです。

フォトシルクプラスは、シミに反応するので、シミが少ない方は、そんなに痛くないと思います。

ピコトーニングディープの方が遥かに痛いです。

効果について

フォトシルクプラスは、何回か受けていますが、シミには効果があります

肝斑にどう反応するのかは、身を持って経過観察中^^;

昨年も、肝斑がある状態でフォトシルクプラスの施術を受けました。

フォトシルクプラスを照射することで、肌のトーンが上がり、肝斑が濃くなったように見えましたが、一年を通して自分の肌を観察する限り、悪化はしていないと感じました。

ですが、前にもふれたように、肝斑がある肌にフォトシルクプラスを照射することには、賛否両論あり、悪化する恐れがありますので、医師とのカウンセリングで、納得のうえ、決めてください。

たまに、「効果がない」という人がいますが、パワー(出力)の問題だと思います。

パワー(出力)の問題

品川スキンクリニックでは、初めての人には、パワー(出力)を低めで設定しているようです。

(ひさしぶりに施術を受ける場合でも、低めで照射しているようです。)

初回の様子をみて、問題がなければ、2回目はパワーを上げて施術します。

他のクリニックでも、あり得ることだと思います。

低めのパワーで照射すると、あまり反応しない場合があります。

シミが薄い人は特に。

これを「効果がない」としている人がいるようです。

わたしのように、パワーを上げて、反応しても、「戻りジミ」が出来てしまっては本末転倒!

だから、パワーは強ければ良いってもんじゃないと思います!

初回は、低めのパワーで照射するクリニックは、むしろ安全で良いと思います。

問題なのは、そのことをちゃんと説明をしないこと。

(品川スキンクリニックも、こちらから聞かないと、教えてくれませんでした。)

「効果がない」と感じた時

「効果がない」と感じた時、どうすればいいのか。

とにかくカウンセリングです!

まず、何に対して効果がないのか。

求めている効果によっても、その解答は変わってきます。

例えば、

もっとシミを薄くしたい場合。

→ある程度薄くなったシミの場合は、フォトシルクでは反応しづらいので、他の施術を提案されることもあると思います。

もっと美肌になりたい場合。

→パワーを上げることも出来るかもしれませんし、これ以上パワーを上げられない場合、他の施術を提案されることもあると思います。

わたしの場合

昨年もフォトシルクプラスを受けたのですが、シミに反応しないことを伝えると、

「出力(パワー)上げますか?」

と看護師さん。

この時、初めて、出力を上げられることを知りました。

ちなみに今回は、

「昨年と同じ出力で照射しますか?」

と質問すると

「同じでもいいですよ」

「それより少し上げられますけど」

と看護師さん。

上げられるのか。

正直、始めに言ってくれと思います。

なんのためのカウンセリングよ。

これ、何も聞かかかったら、久しぶりなので低めのパワーで照射していたんだと思います。

ダウンタイムについて

シミがない、または薄く、美肌目的の人はダウンタイムはほぼなしと思って良いと思います。

SNS投稿でも多いですよね。

「フォトシルクプラス受けてきた」

的な投稿で、何も変わってない人…

もともと、肌が綺麗なんですよね。

シミはあるけど、薄い、または少ない人は、まりダウンタイムは気にしなくて良いと思います。

わたしのように、シミが多い人は、経過写真でもわかるように、ある程度の覚悟が必要です。

コンシーラーで隠すこともできますが、この期間はとにかく肌をこすらないことが大切なので、メイク落としもゴシゴシしたくない。

そこまで、気にする必要はないと思いますが、絶対に気を付けるのは、施術後は、紫外線対策をしっかり行うこと!

ダウンタイム中のスキンケア&メイク

f:id:koshikakeol:20220122090619j:image

施術後は、普段どおりのスキンケアで良いのですが、心配性なわたしは、ダウンタイム中は、こすったり、さわったり、できるだけ、肌に負担をかけないようにしました。

また、スキンケアも肌に優しいものを使っていました。

ダウンタイム中、あってよかった商品を紹介します。

スプレー化粧水

f:id:koshikakeol:20220122090603j:image

花王のキュレル ディープモイスチャースプレー。

一吹きでセラミドケア出来るスプレー。

ダウンタイムに限らず、1本あると便利。

ナチュラルなスキンケア

f:id:koshikakeol:20220122090607j:image

トリロジーのローブヒップオイルバイタル モイスチュアライジング クリーム

夜のスキンケアはいつもはエンビロンを使用していますが、ダウンタイム中は攻めのスキンケアはちょっと…。

高品質でナチュラルなスキンケアブランド「トリロジー」のこの2つは、肌が不安定な時に使えるお守りです。

オールインワンゲル

f:id:koshikakeol:20220122090600j:image

あまり肌にふれたくない時は、ひとつでスキンケアを完了できるオールインワンゲルがあると良いです。

中でも、ドクターシーラボのアクアコラーゲンゲルエンリッチリフトEXはおすすめ。

炭酸ローション

f:id:koshikakeol:20220122090616j:image

肌の代謝を上げてくれそうな炭酸ローション。

炭酸パックでも良いのですが、手間がかかるので、オススメは、リアムール エキスパートローション

ヒト幹細胞由来成分4種が配合されているので、美容液としても使えます。

炭酸は鎮静効果もあるので、施術後肌にも使えます。

わたしが最近使った炭酸アイテムの中で、一番のお気に入りでリピートしています。

www.koshikakeol.com

肌にやさしい日焼け止め

f:id:koshikakeol:20220122090623j:image

フォトシルクプラスの施術後は、とにかく紫外線対策が大切!

低刺激&ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)処方の豆乳イソフラボンと、乾燥性敏感肌を考えたキュレルの薬用 UVカットシリーズ

肌にやさしいクッションファンデ

f:id:koshikakeol:20220122090612j:image

エトヴォスミネラルグロウスキンクッションなら、クレンジング不要で、お湯と石けんで落とせます。

紫外線吸収剤不使用で、日常紫外線を防げるSPF32 PA+++。

www.koshikakeol.com

コンシーラー

f:id:koshikakeol:20220122090557j:image

どうしても、カサブタを隠したいときは、資生堂 スポッツカバー ファウンデイションがオススメ。

個人的にノーファンデの方がおすすめです。

カバー力のある下地に、カバー力のあるコンシーラー。

この組み合わせが一番、崩れにくいと思います。

【塗布前】

f:id:koshikakeol:20220213091228j:plain

ノーファンデです。

【塗布して】

f:id:koshikakeol:20220213091231j:plain

なじませて

【完成】

f:id:koshikakeol:20220213091226j:plain

ま、なんとかなるさ。

関連記事リンク

 PICOトーニングディープ3回分の経過報告

www.koshikakeol.com

「トランシーノⅡ」8週間プログラム経過報告

www.koshikakeol.com

最後に

気軽に受けられるようになったフォトシルクプラスですが、肝斑に対しての是非や、術後の「戻りジミ」についてなど、わからないことも多いと思います。

いちばん大切なのは、医師のカウンセリングをしっかり受けることです。

だけど、医師のカウンセリングを受ける時に、「何を質問すればいいのかわかならい」ということもあると思います。

そんな時、参考程度に、このブログを読んでもらって、事前に、何がわからなくて、何が不安なのか、明確にすることができれば、カウンセリングもスムーズだと思います。

「戻りジミ」のことも、事前にわかっていれば質問したのですが、知らなかったので、今回とても驚きました。

改めて、美容クリニックでの施術は、事前の知識を入れておくことが大切だな、と実感したので、この記事も、役に立てばうれしいです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

そろそろワクチン3回目?

知っておきたい、ワクチンと脱毛の“間隔”のこと。

www.koshikakeol.com

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村

読んでくれてありがとうございます!

★初回9,000円★クリニックでの治療で美肌を極めよ!