平日腰掛けOLのメモ帳

腰掛けOLが仕事の合間に楽しむブログです。(平日更新)

緑内障OLが選ぶ、夏にオススメ☆目のサプリメント【オプティエイドML MACULAR】

おつかれさまです。

 

社会人の皆様の目は、本当におつかれさまです。

 

今日は、緑内障OLが選ぶ、夏にオススメの目のサプリメントを紹介します。

 

それは...

わかもと製薬の

「オプティエイドML MACULAR」 f:id:koshikakeol:20200709232756j:image

なぜ、「オプティエイドML」なのか。

⇒他のサプリメントに比べてルテインが多めだから。

  

なぜ、ルテインが必要なのか。

⇒ルテインは飲むサングラスだから。 


f:id:koshikakeol:20200709232824j:image

f:id:koshikakeol:20200709232821j:image

ルテインは、紫外線だけでなく、ブルーライトなとの光刺激からめを守ってくれる成分。

 

明日から9月だけど、まだまだ紫外線は強いし、ブルーライトの光刺激は一年中!

 

オプティエイドML 60g 90粒 30日分

新品価格
¥3,240から
(2020/8/31 09:53時点)

人気のあるサプリメントを「ルテイン」の量だけで比較してみると、

 「ロートV5粒」は一日1粒で、ルテイン10mg

 「カシス-iEX」は一日3粒で、ルテイン12mg

 「オプティエイドML」は一日3粒で、ルテイン20mg!!!

 

食品からルテインを摂るためには、緑黄色野菜を食事に取り入れることが重要。

だけど、それも難しい。

しかも、体内で合成することができないので、サプリメントで補うと良いのかなと思います。

 

目のサプリと言えばブルーベリーでは? 

目のサプリメントと言えば、ブルーベリー!という人も多いと思います。

 

ブルーベリーの他に、ビルベリーだの、カシスだの…

目のサプリと言えば、「なんちゃらベリー」の印象が強いと思います。

個人的には、それらはルテインにプラスして摂るのが良いとのかな、思います。

 

だけど、この【カシス】【ブルーベリー】【ビルベリー】

何がどう違うのか、ややこしいので、有効成分をまとめてみました。

 

この「〇〇ベリー」というベリー類の果実は、共通して、アントシアニンポリフェノールが含まれています。

アントシアニンは、400種類以上が存在していると言われていて、果実によって違うのです。

 

【カシスのアントシアニンポリフェノールは...】

カシスのアントシアニンポリフェノールは、摂取してから作用するまでの時間が短い。

また、カシスには4種類のアントシアニンが含まれていて、そのうち2種類は他のベリー系果実にないカシス特有のもの。

 

【ブルーベリーのアントシアニンポリフェノールは...】

ブルーベリーのアントシアニンポリフェノールには抗酸化作用がある。

 

【ビルベリーのアントシアニンポリフェノールは...】

ビルベリーのアントシアニンポリフェノールは、ブルーベリーの2〜3倍の量。

 

どれが良い悪いではなく、それぞれ特徴があるようです。

 

緑内障OLの目のサプリ遍歴

 目のサプリメントは良さそうなものが多いので、いろいろ試しています。

 

2種類のサプリメントを組み合わせて飲むこともあります。

www.koshikakeol.com

 

ルテインとカシスが入っているのはこれ。

www.koshikakeol.com

 

 1日1粒はこれ。

www.koshikakeol.com

 

「ロートV5粒」はルテイン10mgだけど、一日1粒!

「カシス-iEX」はルテインの他にアントシアニンが配合されている!

「オプティエイドML 」はルテインの量が多い!

 

と、それぞれ特徴があるので、

 

忙しい時は、一日1粒の「ロートV5粒」

アントシアニンを多めの摂りたい時は「カシス-Ex」

紫外線の気になる夏は、ルテインの量が多い「オプティエイドML 」

 

と使い分けています。

 

「薬」ではないので、過度に期待せず、生活に取り入れています。

 

オプティエイドML 60g 90粒 30日分

新品価格
¥3,240から
(2020/8/31 09:53時点)

緑内障が心配な方へ。

眼圧が高いと注意された人、すでに視野欠損が始まっている人、親族に緑内障の方がいらっしゃる人、どんな人が読んでくれているのかな。

 

まとめるのが下手っぴですが、誰かの役に立つ情報がお届けで出来たらうれしいです。

 

緑内障は、症状・進行具合はもちろん、点眼薬も人によって違います。

また、点眼薬の副作用も様々です。

 

緑内障に限らずですが、情報をうまく使って、病気と向き合って行けたら良いなと思います。

 

たまにネットで「緑内障改善!」なんて記事を見かけますが…

残念なことに、緑内障によって失った視野は、治療によって改善することはできません。

現状維持、進行を遅らせることが、現在の医療の限界です。

 

また、緑内障には、種類があり、「開放隅角」と「閉塞隅角」があります。

ほとんどの人が「開放隅角」だそうですが、「開放隅角」の緑内障の中にもタイプがあり、眼圧が高い「原発開放隅角緑内障」、眼圧は正常なのに視神経障害が起こる「正常眼圧緑内障」があります。

同じタイプの緑内障でも、点眼薬の種類も点眼回数人によって違います。

進行具合と副作用を見ながら、点眼薬を変更することもあります。

 

だからこそ、信頼できる医師を見つけることが大切だと思います。

 

緑内障は一生付き合っていかなければいけない病気ですが、適切な治療で、進行を遅らせることが出来ます。

そのため、信頼できる医師を見つけて、自分にあった適切な治療(主に点眼薬)がとても大切です。

(わたしはハシゴして決めました^_^)

 

わたしは眼圧が高い「原発開放隅角緑内障」ですが、普通に生活が出来ていて、視野欠損していることも気がづかないレベルです。

(人間ドックで「緑内障の疑いあり」となり、病院で精密検査をした結果、判明しました。)

 

人間の視野は、50%近く欠損しないと気が付かないそうです。

そのため、早期発見が難しい病気でもあるので、緑内障じゃない人も年に1度の健康診断は大事。

 

 

↓わたしが緑内障を早期発見した経緯はこちらをご覧ください。

www.koshikakeol.com

 

わたしの現在の症状は、

仕事でガンガンPC使っていますし、

暇さえあればYou Tube。

映画も読書も、問題ありません。

緑内障のタイプにもよりますが、わたしの場合、食事や行動に制限はありません。

人間ドックで見つかっていなければ、何も知らずに生活していたと思います。

 

診察は3ヶ月に1回。

視野検査は半年に1回。

 

目薬は毎日欠かさず。

泥酔した日は忘れることも。

最近は外で呑まないので、泥酔するこもないけど。

泥酔しなくても、忘れることもあります。

 

日常生活で禁忌なことはなくて、よく飲み、よく食べ、よく歩くことを心がけています。

 

他の記事を見ていただければわかる通り、「適当」に生きているタイプの人間です。

 

その結果、視野欠損はほとんど進行していません。

 

ここに書かれているのは「わたしの場合」ですが、何か、参考になったり、人間ドックを受けるきっかけになればうれしいです。

 

たまには、マジメな記事でした。

 

今週もお仕事がんばりましょー!