平日腰掛けOLのメモ帳

腰掛けOLが仕事の合間に楽しむブログです。(平日更新)

老舗喫茶店『銀座 和蘭豆』(「タバコが吸えます」が、嫌煙家でも大丈夫!)

おつかれさまです。

 

今日は蒲田で休憩を。

 

住みたくない街ランキングの上位に君臨する「蒲田」。

その蒲田駅西口前にある商店街「サンライズ」。


f:id:koshikakeol:20200910144956j:image

f:id:koshikakeol:20200910145000j:image

変なおじさん、変な酔っ払い、ゲロスタンプが多いけど、蒲田、嫌いになれない。

 

薄暗いけど「サンライズ」。


f:id:koshikakeol:20200910145032j:image

f:id:koshikakeol:20200910145029j:image

この商店街を抜けると…

1969年創業の老舗喫茶店

 『銀座 和蘭豆』
f:id:koshikakeol:20200910145055j:image

蒲田には2店舗ありますが、こちらはサンライズ蒲田店です。

 

珈琲の種類が豊富。


f:id:koshikakeol:20200910145242j:image

f:id:koshikakeol:20200910145245j:image

和蘭豆と言えば、アイスコーヒー。 

f:id:koshikakeol:20200922155614j:image

和蘭豆のアイスコーヒーの特徴は、甘酸っぱい香りの中に非常に深みとコクのある味。
使用しているのは「モカ・マタリ」。

 

モカマタリのコーヒー原液の味わいを楽しむために、和蘭豆では、
動物性の生クリームをコーヒー原液に浮かべ、
特製シュガーシロップをグラスに注ぎこんだ状態で、
お客様にご提供しています。 (もちろん、ご希望に応じて、別々でもご提供できます)
動物性生クリームは、混ざりにくいという性質があるため、
植物性生クリームを使うコーヒー店が多い中、
和蘭豆では、あえて動物性生クリームの特製をいかし、
・・・まざりにくい・・・つまり、ゆっくりと混ざり合うことのできる味わいの変化を
一杯のアイスコーヒーの中でお楽しみ頂きたいと思います。
さらに、動物性生クリームは、グラス内のクラッシュ氷を包み込むため、
氷が溶けにくくなり、コーヒー本来の味が最後まで薄まずにお楽しみいただけます。


f:id:koshikakeol:20200922155656j:image

f:id:koshikakeol:20200922155659j:image

名物フィナンシェと一緒に。

このフィナンシェ、おいしーの!!!

 

ブラックでも。

f:id:koshikakeol:20200911170555j:image

 「おしぼり」と「水」と「コースター」が、老舗の貫禄。


f:id:koshikakeol:20200910145332j:image

f:id:koshikakeol:20200910145329j:image

この老舗喫茶店の最大の魅力。

それは…

フードメニュー!も、そうだけど…

f:id:koshikakeol:20200913220738j:image

そう!!!

タバコが吸えます。

f:id:koshikakeol:20200913220741j:image

デカデカと「タバコが吸えます」。

肩身の狭い思いをしている愛煙家の皆様にはたまらないでしょう。

 

しかし、わたしは嫌煙家です。

 

でも大丈夫!

 

この「サンライズ蒲田店」は、しっかり分煙されているから。


f:id:koshikakeol:20200910145434j:image

f:id:koshikakeol:20200910145426j:image

f:id:koshikakeol:20200910145430j:image

和蘭豆は、他に、蒲田にもう一店舗、銀座と浅草にも店舗があります。

浅草店には入ったことがありませんが、蒲田駅前の店舗は、嫌煙家には少々辛い。

銀座店も広くはないので、喫煙者の割合が多いと少々辛い。

客層によっては、全然気にならない日もあります。

その点、サンライズ蒲田店はいつ行っても全く気にならない!!!

 

▼銀座店


f:id:koshikakeol:20200924074414j:image

f:id:koshikakeol:20200924074410j:image


▼蒲田駅前店

f:id:koshikakeol:20200913220556j:image

嫌煙家ですが、愛煙家の皆様を応援します。

 

嫌煙家は、サンライズ蒲田店がオススメ。

f:id:koshikakeol:20200910145139j:image

今週もおつかれさまでした!

 

楽しい週末をお過ごしください。