平日腰掛けOLのメモ帳

腰掛けOLが仕事の合間に楽しむブログです。

赤と緑の違いって何よ?【ENVIRONのルイボスティー】

おつかれさまです。

 

「体を冷やさない」ことがが大事なのはわかるけど、

一年中そんなことに気を使っていられません。

 

夏に白湯とか、無理な美意識。

冷房付けないとか、殺人的。

 

無理に「温活」しなくても、

寒くなってきたら無意識に「温活」しちゃうよね。

 

表面を温めるより、血流をよくしたいので、

ルイボスティー

を飲み始めました。

 

「コーヒーは体冷やすから」

と仕事中にハーブティー飲んでる人もいるけどね。

 

わたしには出来ません…

体冷やしてでも仕事中はコーヒーを飲みたい!!!

 

なので、寝る前にルイボスティーを飲んでます。

 

南アフリカで生まれたルイボスティーには美容と健康に嬉しい様々な効果があり、

ノンカフェインだから寝る前でも安心。

 

わたしが飲んでるのは、

ENVIRONのルイボスティー

f:id:koshikakeol:20191015072355j:image

別にENVIRONじゃなくてもいいんだけど。

スキンケアを注文するついでにポチッと。

 

ENVIRONも南アフリカ生まれだしね。

 

ENVIRONのルイボスティーに使われているルイボスは、

南アフリカ共和国のごく限られたエリアでのみ生育する、希少性の高い植物。

その中でも特に厳しい基準をクリアし、

 生産量の約0.3%しかない、

厳しい条件を満たす安全で高品質な茶葉のみを使用。

 

とのことで、安心ですね^_^

 

何が違うの?

 

どん兵衛なみに迷うんですけど!!!

 

ザックリ言うと、 

赤(ルイボスティー)が発酵茶。

赤:コク深い味わい。芳醇な香りが際立つ赤色が美しい発酵茶。

緑(グリーンルイボスティー)が非発酵茶。

緑:すがすがしい味わい。 ポリフェノールたっぷりの希少な非発酵茶。

 

f:id:koshikakeol:20191015072414j:image

茶葉に水分を与えて6~8時間発酵させる工程により、

ルイボスの葉は緑色から赤茶色へ色が変わって出来るのが

⇒従来のルイボスティー

 

あえて発酵させずに急速に乾燥させ、

茶葉の色も柔らかな緑色のまま出来上がるのが

⇒グリーンルイボスティー

 

ポリフェノールなどの栄養素はグリーンの方が多いみたいだね。

 

さらに、

グリーンルイボスティーはフリーズドライ製法で発酵を食い止めるため、

乾燥設備を有する工場でしか製造ができず、

従来のルイボスティーよりもグリーンルイボスティーは価格が高い傾向にあると言うけど…

ENVIRONのルイボスティーは、

も値段は一緒。

20P・¥1,000+税。

 

ENVIRONにしては、安くない???

錯覚か?

スキンケアは少々高いもんね^^;

 

早速、お湯を入れて見てみましょう。

 

左が赤いルイボスティーで右が緑のルイボスティー。


f:id:koshikakeol:20191019163413j:image

f:id:koshikakeol:20191019163410j:image

やっぱ、色の濃さが全然違うね!!!

ティーパック入れっぱなしでもいいんだってよ。

 

で、どっちがいいの?

ポケモンなみに迷うんですけど!!! 

 

どちらも飲みやすいけど、

わたしのような人間には味の違いはわかりませんでした^^;

 

なんとなーくグリーンの方が飲みやすいかな。

 

赤いルイボスティーに比べて、緑のルイボスティーは、

歯への茶渋汚れ(ステイン)がつきにくいかもしれないね。

 

で、ポリフェノールなどの栄養素はグリーンの方が多い

 

ということで、腰掛けOLは

グリーンがオススメ☆☆☆

 

▼ENVIRONのオンラインストア

f:id:koshikakeol:20191028170207p:plain

「ルイボスティー」を連呼している。

誰もチェックしないのかな^^;

 

関係ないけど、コレ↓かわいくない?  

f:id:koshikakeol:20191101222313j:image

数年前のKFCチャリティーマグ。

飾って眺めていたんだけど、最近使い始めました^_^

 

みなさまも、体、冷やさないようにね〜。

 

午後もお仕事、頑張りましょう!