平日腰掛けOLのメモ帳

腰掛けOLが仕事の合間に楽しむブログです。

花の比率は8:5:3【ちょっと気になるアレの比率】

おつかれさまです。

 

たまに水を取り替える程度で、

放置しても、葉も色褪せることなく、3ヶ月は持つアイビー。

f:id:koshikakeol:20190706135507j:imageズボラな方にはオススメです。

 

ブルーの花器は100均。

ブルーとグリーンの組み合わせってイイですよね。

 

棚は年期の入った無印のパイン材。
f:id:koshikakeol:20190706135511j:image3つ以上のモノを並べる時、上の写真のように背の順に並べるより、
f:id:koshikakeol:20190706135504j:image

こうして【中】【低】【高】のように、

凸凹させた方が、なんとなーく様になります。

 

さらに、大きさや高さの比率を

8:5:3にすると、

まとまって見えるそうです。

この時、等間隔にせず、

5は8から離して、

3は8に寄り添う感じで置くと良いみたいです。

 

8→主になる

5→対抗する

3→寄り添う

なんて言い方もします。

 

この8:5:3の比率は、

フラワーデザインによく取り入れられている比率で、

美しく見える造形規準でもあります。

 

華道でも

真(しん)

副(そえ)

控(ひかえ)

という造形規準があります。

 

わたし、NFD(日本フラワーデザイ案ー協会)の講師資格を持っているのですよ。前職はディスプレイの仕事をしていて、その延長で習って、講師資格までGETしてしまったのです。たまに副業で、教室を開いたり、結婚式のブーケを作ったり、小学生に教えていたのですが…

f:id:koshikakeol:20190720085427j:plain
f:id:koshikakeol:20190720085434j:plain

今は宝の持ち腐れですね^^;

 

比率と言えば、

世界の様々な建築に用いられている

「黄金比」1:1.618

パルテノン神殿・パリの凱旋門

が有名。

この他に身近なもので

Googleのロゴ・クレジットカード

に用いられています。

 

世の中には「黄金比」以外にも様々な比率がありますよね。

 

別名「大和比」と言われ日本人には「黄金比」より身近だと言われる

「白銀比」1:1.414

A判用紙・法隆寺の五重塔

に用いられています。

ドラえもんキティちゃんの顔

など、日本人に馴染みのあるキャラクターにも用いられています。

 

ゾクッとするのが

「ユダヤの法則」78:22

肺呼吸:皮膚呼吸・地球の海面:陸地

これ、78:22なんだって。

なんかゾッとしない?

身近なものだと

コカ・コーラの瓶の縦:横

 

面白いのが

「働きアリの法則」2:6:2

よく働くアリ:普通に働くアリ:サボるアリ

働きアリの中にも、

よく働くアリと、普通に働くアリと、全く働かないアリがいるそうで、

その比率が2:6:2

よく働くアリだけを集めても、最強チームになるわけではなく

一部がサボり始め2:6:2になる。

働かないアリだけを集めても、ダメになるわけでもなく

一部が働きだし2:6:2になる。

企業で言えば、

2割は優秀で会社に貢献している主体的な社員

6割は平均的に会社に貢献している普通社員

2割は劣等生、受け身で貢献度が低いお荷物社員

組織はこの比率で成り立っていて、

2割のお荷物社員をリストラしても、

8割の貢献している社員のモチベーションが下がると言う。

 

私は間違いなく2割のお荷物腰掛けOLですが、

コレを読んで、勝手に自分の存在意義を感じています。

 

 

春夏秋冬、手のかからないアイビーの他に、

たまにはシーズナリーなものも飾りますよ。

最近は、秋明菊を。


f:id:koshikakeol:20190925125250j:image

f:id:koshikakeol:20190925125253j:image

安い容器とか、調味料の小瓶に入れるだけ。

比率なんか気にせずにね^_^


f:id:koshikakeol:20190925125315j:image

f:id:koshikakeol:20190925125318j:image

秋なのに暑いね〜

 

では、また。